労災

こういう場合もあります。もしあなたのこの先の人生に深く影を落とすようになる深刻な病気やケガが、あなたの就労中に起きたものだった場合。例えば仕事中にケガをしてしまい、そのケガが原因でこの先その仕事が続けられなくなってしまった場合や、最悪の場合そのケガが障害としてあなたの人生に影響してくるものだとする場合です。

この場合は労災というものが認められれば、そのケガが原因で負ってしまう損失を補償してくれるという制度もあります。
これはさっきまでに申請したものとは届け出る場所も少し違い、社会保険事務所ではなくて労働基準監督署に届けなくてはなりません。

労働時に負ってしまったケガや病気などに関してはこの労働基準監督署に届けなければいかず、受ける事が出来る補償の内容も少し変わってくるのですが、この労災を認定してもらうことに関しても審査が必要で、少し難しいことを言われてしまったりもするのですが、諦めずに申請をする事が求められます。

この場合は、どのような状況で、どのようにしてケガや病気の原因が生まれてしまったかという事が大きな審査基準となりますので、こういった状況を説明することが難しい場合でも専門家に相談をして、しっかりとあなたの申請を受け入れてもらえるようにしましょう。

Recommend Site

Pickup Site


障害年金相談アドバイザー
障害年金のわかりやすいサイト

障害年金.com
障害年金の請求、障害年金不支給の不服申し立てのサポート

障害年金受給マニュアル
鬱病など心の病に苦しむ方のために鬱病等に関する役立つ情報